共同研究支援について -文化ファッション研究機構 服飾文化共同研究拠点

英語サイトを見る

共同研究の支援体制

  • 図書館、博物館、ファッションリソースセンターなどの研究リソースに直接、自由にアクセスできます。

図書館

図書館のイメージ
  • 蔵書数33万点。ファッション関係は8万点(約24%)。
  • ファッションライフスタイル系を中心として国内外2,500タイトルにおよぶ雑誌のバックナンバーを所蔵。継続中のジャーナルタイトル数では3,580タイトル中、ファッション系は380タイトル。
  • 貴重書収集 6,300点 (17~19世紀の女性モード誌、世界初の服飾文献、18~19世紀の職業服文献、18~19世紀の民族服文献など)を所蔵。
  • Vogue、Harper's Bazaar などのマイクロフィルム資料は、初号より所蔵。随時閲覧可。

ファッションリソースセンター

ファッションリソースセンターのイメージ

コスチューム資料、映像資料、テキスタイル資料を収集所蔵

  • コスチューム資料
    自動検索機能を持ち、目的に応じた資料抽出が可能。
    ファッションショー作品、公開講座作品、著名デザイナー作品、企業の作品、装苑賞などのコンペティション作品など、5万点を収蔵。
  • 映像資料
    世界の5大コレクション、デザイナー作品、パリ・オートクチュール作品など、12万7千点の画像データを検索閲覧可。
  • テキスタイル資料
    最新の素材、基本的な素材ともに1万点を常時収集所蔵。
    自動抽出が可能。最新の素材は、実物を直接確認可。

服飾博物館

博物館のイメージ
  • 2万点の文化的価値のある服飾を収集保存。その研究と展示(年4回)に当たっている。
  • 収蔵資料データベースあり。学内公開6000件、Web公開2000件。

▲ページトップにもどる

 >> このページを印刷する


利用規約 | 個人情報保護方針について